なぜ24時間取引できるの?

17

FXの市場と取引時間の関係についてご説明します。

FXは外国為替証拠金取引ということで、二国間の通貨の売買で利益を狙っていくという投資です。
そのため、世界中に市場があります
つまり、外国為替市場は24時間絶えずどこかで市場が開いており、為替取引が行われているということ。

その背景には、時差があります。
各国間には時差がありますから、24時間どこかの市場でかわるがわる取引が行われているのです。

ではさっそく世界の為替市場をのぞいてみましょう。
月曜の朝はニュージーランドの市場で取引が始まるところがスタートです。
その後東京、香港、シンガポールと続き、取引の中心地はアジアに広がっていきます。

さらに中東やドイツへと続いて、日本時間の17時、夕方になると世界経済の重要な地域となるロンドンの市場がオープン。
そして日本時間の夜10時には世界経済の中心地となるニューヨークの市場が始まります。
翌朝には再びニュージーランドの市場に戻るというのが1日の為替市場のサイクルです。

ただし、365日市場がオープンしているわけではありません。
FX取引は“平日の”24時間いつでも取引ができるということなので、土日は市場がお休みするんです。
日本時間の土曜日の朝、ニューヨークの市場がクローズすることで世界の外国為替市場の一週間は終わりとなります。
まさに市場は24時間リレー。
途絶えることなく一週間を駆け抜けていきます。

注意したいポイントは、土曜日曜祝日は原則として取引が行われていない点です。
これは、インターバンク市場に参加している金融機関が不在になるためとのこと。
保有するポジションの関係もありますので、お休みの日はしっかりと把握しておいてください。

以上をまとめると

  • FXは世界中に市場があるため、24時間の取引時間を駆使した投資が可能
  • 株式投資と違って時間に追われる取引をする必要がなく、トレーダーの都合のよい時間で取引ができる
  • 日中仕事や家事で忙しい方でも、深夜にゆっくりと投資を楽しめる

というメリットがあるでしょう。