FXで失敗しないためには?

18

FX初心者が特にはまりやすい、「失敗しないために気を付ける点」について失敗例もあわせてご説明しましょう。
あらかじめミスしやすいポイントを把握しておけば同じ失敗はしません。

まず、失敗しやすい方が陥ってしまう特徴として、以下のようなことが挙げられます。

FX初心者だからこその失敗とは

■ハイリターンを求め続ける

言い換えれば、「常に勝ちたいと思ってしまうこと」でしょう。
プロの投資家も機関投資家も負けなし勝率100%というトレードを行うことは絶対にできません。
なぜなら、為替レートの変動は人為的な操作をすることができません。
そのため、どのような値動きになるかについては誰しもが的中させることができないからです。
勝ち負けを繰り返しながら、それでも利益を上げていく、というのが上手な投資と言えるでしょう。
「リターンとリスクは比例する」ということも、ぜひ念頭に置いて投資をしてください。

■無謀な賭けをする

FXは為替での利益を上げるために、購入するロット数(取引単位)を増やす方が多くいらっしゃるようです。
ただし、それによりリターン率も大きくなる一方で、予想と逆に相場が動いた場合は損失も大きくなります。
資金に余裕がないときは、堅実な投資が必要。
小さな利益をコツコツ積み重ねていくという姿勢が重要です。

■損切りができない

人によっては不利なレートになったら自動的に決済される損切りに踏み込めない方が多いのだそう。
それでは損失をさらに膨らませてしまうことになりますので、早々に見切りをつけて損失を最小限に抑える努力も必要だと思います。

■適当にポジションを入れる

ポジションを入れるというのは売買を行うことなのですが、そのタイミングを見誤るケースも少なくありません。
為替チャートの動向など売買の根拠をしっかりとつかんでからポジションを持つように心がけましょう。

FXは「勝つ」ことよりも「負けない」ことのほうがよっぽど重要です。
もし感情に負けてしまうことがあるならば、システムトレードや発注管理機能を活用し、主観を排除した投資手法に出るのも手段としては有効だと思います。