取引の前に見ておくべき情報は何?

16

マーケット情報のうち、為替の変動に特に大きな影響を与える情報にはどのようなものがあるのでしょうか。
特にFXトレーダーは為替変動には敏感になると思いますので、あらかじめ起因するきっかけとなる情報について知っておくことをおすすめします。

FXをするならチェックしたい経済指標

取引している通貨の国にまつわるニュースは必ずチェックしていると思いますが、それ以外にも経済指標についても、FXをする際には注目していただきたいです。
それら各国の経済指標が発表される瞬間が為替の大きく変動するタイミングになります。

具体的には、下記のような内容が特に注目されていると言えるでしょう。

■雇用統計

FXにおいて雇用統計と言えば、主にアメリカ合衆国の雇用統計を指しています。
FRB(連邦準備制度理事会)が金融政策の決定にあたり、最も重視する指標です。
そのため、為替市場における注目度は最高ランクとなっています。
雇用統計は毎月一週目の金曜日に発表されており、世界中のトレーダーも注目しているとのこと。
雇用統計が発表されてからの短い時間の中で値動きがありますので、利益を上げるタイミングとしても申し分ありません。

■政策金利

各国の政策金利の発表も為替レートに大きな影響を与えます。
中でも、事前予想と発表された内容が大きく異なった場合では為替マーケットはかなり動くことが特徴です。
政策金利の変動が為替レートに連動していると言ってもよいでしょう。

■GDP

GDPとは国内総生産のことで、国内生産されたもの・サービスの付加価値の合計です。
現在利益になっていなくても、将来的に利益を生み出すものとなりますので一国としてこの先経済的に潤っていく目安になります。
つまりGDPは今後の国の経済成長率を算出するための指標となるため、為替市場にも影響を与えることがお分かりいただけるでしょう。

特に雇用統計に関しては過去に為替が大きく動いた事例がたくさんあり、いずれも値を上げています。

あらゆるニュースの中でも、特に経済指標は注目すべきですし敏感になっておきましょう。